浅草で食べ歩きをするならこれ!必須のグルメを紹介します

によって書かれた 12:28 pm Mockup

浅草で食べ歩きをするならこれ!必須のグルメを紹介します

浅草で食べ歩きをするならこれ!必須のグルメを紹介します 東京の定番の食べ歩きグルメといえば浅草です。浅草の仲見世通りにはテレビや雑誌でよく紹介されている、人気の食べ歩きグルメがたくさんあり、観光と食事…

浅草で食べ歩きをするならこれ!必須のグルメを紹介します

東京の定番の食べ歩きグルメといえば浅草です。浅草の仲見世通りにはテレビや雑誌でよく紹介されている、人気の食べ歩きグルメがたくさんあり、観光と食事を同時に楽しみたいという方におすすめです。
そこでこんな記事では浅草でおすすめの食べ歩きグルメを紹介します。

亀十

亀十は連日行列ができている、どら焼きの人気店。浅草のシンボル的存在として知られており、店舗は雷門のすぐ近くに位置しています。平日であれば10分ほどの待ち時間で購入できますが、土日の場合は30分から1時間ほど待たなければいけないこともあります。
そんな亀十のどら焼きには、黒あんと白あんの2種類が用意されています。
どら焼きを手に持った時に重みが感じられるので、中にあんこが詰まっているのがすぐにわかります。また、亀十のどら焼きの人気の理由といえばそのしっとり感。ここのどら焼きはともて保水力があり、しっとりとしているのが特徴なのです。一般的などら焼きのように口の中がパサパサするということがないので、最後まで飽きずに食べることができます。
とってもふわふわとした食感で香ばしい香りもすると言う、まさに丁寧に作られたどら焼きだといえるでしょう。

あづま

常にテレビや雑誌で紹介されている浅草の定番のスイーツと言えば、あづまでしょう。あづまでは、きな粉がたっぷりかかったきびだんごをいただくことができます。目の前で茹でたてのお団子にきな粉をたっぷりまぶしてくれるので、思わず立ち寄りたくなってしまうお店ですよね。小さめのきびだんごは見た目も可愛く。香ばしいきな粉の味わいがポイントです。
そんなきびだんごは一人前5本330円で販売されています。また、きびだんごの他にも110円で抹茶や甘酒を販売しているので、それらをお団子と一緒にいただくのがおすすめですよ。
きびだんごお土産用も用意されているので気に入った場合はぜひ自宅用にもお家帰りましょう。

浅草九重

浅草の定番の食べ歩きグルメと言えば、揚げまんじゅう。揚げまんじゅうのお店は複数ありますが、その中でも特におすすめなのが浅草九重です。
揚げまんじゅうはまるで天ぷらのような見た目であり、外はサクサクとしている一方で、中はフワフワしているのが特徴です。
浅草九重の揚げまんじゅうには抹茶やごま、さつまいも、かぼちゃ、チョコレートなどたくさんの種類が用意されており、何を頼んでいいか悩んでしまいますよね。中にももんじゃやカレーなど味が想像できないようなものも…
揚げまんじゅうひとつのサイズは小さめなので、一度に二つを楽しむのもいいかもしれないですね。
揚げまんじゅうと聞くと脂っこいイメージを抱きますが、浅草九重では良い油を作っているので胃もたれすることもなく、思った以上にさっぱりといただくことができます。そのため、年配の方にもおすすめです。

おいもやさん興伸

おいもやさん興伸は、仲見世通りに店舗を構えるサツマイモの専門店です。ここではスイートポテトや芋ようかんなどの芋スイーツを提供しています。
店頭には光り輝く大学芋が山盛りになって並んでおり、そのおいしそうな見た目に思わず立ち止まってしまいます。
大学芋には蜜がたっぷりと絡んでおり、昔ながらの優しい味が楽しめます。黒ゴマが良いアクセントとなっており、食べた後にも口の中に風味が残るのが特徴です。
ここでは複数の大学芋が楽しめる食べ比べセットなども販売されているので、是非さつまいもごとの味の違いを楽しんでみましょう。

浅草メンチ

浅草の定番グルメとなっている浅草グルメ。浅草グルメは外国人も知っているほど定番のお店であり、浅草に来た際には必ず食べたい一品。
そんな浅草メンチは表面がとてもカリカリしており、重みがあるのが特徴。一口食べると中からたっぷりの肉汁が溢れ出し、お肉本来の味を楽しむことができます。
ここでは常にアツアツが用意されているので、やけどには要注意ですよ。
浅草で甘い和菓子を食べ歩きした後には、しょっぱいものが欲しくなりますよね!そんな時に浅草メンチは最適でしょう。

豊福

浅草の人気のグルメとして定着しているのが豊福の黒毛和牛カレーパン。カレーパンは一個290円と少しお高めですが、黒毛和牛を使用しているのでそのお値段にも納得。カレーパンに入っているルーは8時間以上煮込んでありコクがあるのが特徴です。
カレーのルーの色はとても濃く、味が濃厚なのが人気の理由となっています。少しスパイシーでありながらお肉の甘みが感じられる、まさに絶品といえる一品です。
お土産やお取り寄せ販売もしているので、気に入った場合は是非リピートしましょう。

花月堂

花月堂の名物として知られているのが、ジャンボめろんぱんです。週末になると1日に2000個も売れるジャンボめろんぱんは、メディアでも注目を集めていましたよね。
その名の通りジャンボめろんぱんはとにかくサイズが大きいのが特徴で、その大きさは本物のメロンにも劣りません!!
ジャンボめろんぱんが入っている袋には、「やわらか注意」と書いてあり、その通り本当にふわふわしているのです。外の生地はサクサクなのですが、中は口に入れるとあっという間になくなっているほどふわふわ。綿菓子に近いような食感だと言ってもいいでしょう。
そのジャンボめろんぱんは、巨大なサイズであってもさっぱりといただけるので、是非浅草に行った際には一人一個ずつオーダーしましょう。
店頭で出来立てをたべるのが一番おすすめですが、お土産として購入して帰るのもいいでしょう。

閉じる