並んででも食べたい!東京のうなぎの名店を紹介!

によって書かれた 12:30 pm Featured, Tutorial

並んででも食べたい!東京のうなぎの名店を紹介!

一度でいいから食べてみたい!東京のうなぎの名店を紹介!  お寿司と並んで日本の高級な食べ物としてあげられることが多いうなぎ。うなぎは日本では何百年も前から食べられており、東京都内には老舗と言われる名店…

一度でいいから食べてみたい!東京のうなぎの名店を紹介! 

お寿司と並んで日本の高級な食べ物としてあげられることが多いうなぎ。うなぎは日本では何百年も前から食べられており、東京都内には老舗と言われる名店が多数存在します。
これらの名店で食事をする場合、普通のレストランよりも価格は高くなりますが、それでもその価値が感じられる贅沢なうなぎをいただくことができます。
そこでこの記事では東京にあるおすすめのうなぎの名店を紹介します。本格的なうなぎが食べたい!という方は、ぜひ以下の名店に足を運んでみましょう。予算は一人5000円からとなるので、普段よりも多めに現金を持っていってくださいね!

前川 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

東京の下町の味が楽しめる名店が前川です。前川は創業してから200年の間浅草で営業していましたが、東京スカイツリータウンにあるソラマチに支店をオープンさせました。ショッピングのついでに立ち寄ることができるので、ランチなどの気軽に利用することができます。
そんな前川では養殖うなぎを一切使用しておらず、提供されているのは全て天然のウナギとなります。4200円から提供されているうな重の他にも3800円でいただけるうな丼なども用意しています。
また、スカイツリータウン店限定でコースメニューや一品料理も用意しているので幅広いメニューをいただくことができます。本店とは違ったメニューが多数あるので、よりバリエーション豊かな食事を楽しみたい場合は、ソラマチ店の利用がおすすめです。

川千家

東京柴又で地元の人に愛される名店として知られているのが川千家です。川千家は、創業250年の老舗店であり、昔から続く名店の味が変わらず提供され続けています。
川千家では、リーズナブルな価格でうな重が提供されており、梅が3,100円、竹が3,600円、松が4,500円でいただくことができます。タレはそこまで甘くなくさっぱりとしているので最後まで飽きずに楽しめますよ。
そして、川千家のうなぎは他の江戸前うなぎと比較してぱりぱりとしているのが特徴。また、うなぎの他にもボリューム満点の天丼も用意しており、人気メニューとして多くの人に愛されています。
お店では行列ができていることもありますが、それでもぜひ一度は食べたい名店といえます。

鰻割烹伊豆栄 本店

鰻割烹伊豆栄は上野にあるうなぎの名店です。ここは230年以上つづく老舗店であり、森鴎外や谷崎潤一郎ら文豪たちが利用してことでも知られています。そんな鰻割烹伊豆栄には長年通い続けている常連や根強いファンが多く、わざわざ遠方からやってくる人もいるのだとか。
ここのうな重はとにかく上品であり、うなぎには脂がたっぷりとのっているもののさっぱりといただくことができます。
タレは関東風の醤油っぽい濃い目の味付けが特徴となっています。
うな重は 松3,240円 竹4,320円 梅5,400円の3種類となっていますが、うなぎを心行くまで楽しみたいという方には竹か松がおすすめです。
また、鰻割烹伊豆栄はうなぎ専門店ではないため、うな重の他にもてんぷらをメインとしたコース料理や一品料理なども用意しています。そのため、ちょっとした会合にも使用することができますよ。

神田きくかわ

江戸前のうなぎが食べたいときの定番と言える神田きくかわ。神田きくかわは昭和22年に創業した名店であり、50年以上も神田で営業されています。
神田ということで、お昼時には周辺の会社で働くサラリーマンが多く訪れ、大変にぎわっています。待ち時間が生じることもあるので、12時前か13時過ぎを狙っていくのがいいでしょう。
そんな神田きくかわのうなぎは、1尾 3,650円、1尾半 4,950円で提供されています。
重箱に収まらないほどの大きなうなぎが折り返しておかれているのが神田きくかわの特徴。
テーブルにはタレが置いてあるので、好きなだけ追加してかけることができます。タレにははちみつを使用しているのでやさしい味わいに仕上がっており、何度でも食べたいおいしさです。

うなぎ徳 東急プラザ銀座店

銀座でリーズナブルな価格でうなぎが楽しめるお店、うなぎ徳。東急プラザ銀座11階のレストラン街に入っているので、ショッピングのついでに気軽に立ち寄ることができます。お店自体も敷居が高くないので、子連れでも利用しやすい雰囲気ですよ。
うなぎ徳では、並 2,484円〜棚盛7,560円と5種類のうな重を用意しており、東京の他の有名店よりも、かなりの低価格でいただくことができます。このうなぎは浜名湖から直送される国産うなぎであり、浜松風の浅蒸しで提供されるのが特徴です。ふわふわのうなぎにうまいタレがしっかりとしみ込んでいます。
また、うなぎ徳ではひつまぶしもいただくことができます。一杯目は普通のうな重を、二杯目は出汁をたっぷりとかけていただくのがいいでしょう。

野田岩 麻布飯倉本店

野田岩 麻布飯倉本店は東京都内に4店舗を構える名店として知られています。
野田岩は200年以上も続く名店であり、うなぎ好きであれば誰もが憧れるお店です。
店内は1階にはテーブル席、2階には座敷席、3階は個室というつくりになっており、会合や接待にも使用することができます。
そんな野田岩では備長炭でじっくりとうなぎを焼いているので、ふわふわな食感を楽しむことができます。また、余分な脂がないので、すっきりとした味わいなのが特徴です。職人の伝統の技によって、仕上げられた贅沢な一品だといえるでしょう。
野田岩は麻布飯倉本店以外にも、銀座や下北沢、日本橋に店舗を構えていることに加え、なんとパリにも出店しています。野田岩はパリでも名店として知られており、日本食のおいしさを外国人に伝えています。

閉じる